【1】これから販売予定の人気マンション
【2】タワーマンション&大規模マンションを探す!
【3】東海のハイグレード新築マンション
【4】関西の新築マンションをさがす

2014年10月26日

LDK18畳は、本当に広いのか?

戸建広告で最近よく見かける「広い!LDK18畳」というようなフレーズがありますが、LDK18畳は、本当に広いのでしょうか?

18畳と聞くと、一見広く思われがちですが、キッチンも含めて18畳であることを忘れてはいけません。

キッチンの広さは、マンションでも戸建でもそうですが、ファミリータイプであれば、普通でも3.5畳程度はあります。

ということは、

LD(リビングダイニング)=LDK18畳−K3.5畳=14.5畳 です。

そうです!リビングダイニングが15畳にも満たないのです。4人家族であれば、とても狭苦しい空間となります。

新築マンションの場合、多くは「LD」と「K」を別々に平米数表示することが多いので、まだ分かり易いのですが、戸建や一部の中古マンションでは「LDK」表示しているので、「18畳」という言葉のトリックに惑わされないように注意しましょうね。

posted by まどり at 19:42| Comment(1) | TrackBack(0) | マンション選びまめ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LDK18畳 トリックですねー。
対面キッチンが含まれてたら・・
TV置いたり、ソファ置いたり
テーブル置いたりしたら狭い!
それに、ベランダに面して横長のリビングなんて不要!夏は暑いし、冬は結露で散々だし!
マンションの間取り、もういい加減
今までのよくある間取りやめてー!ですね。
マンションなんだから、どーんと
広く使えなきゃ、子供部屋不要!
あっという間に
独立して使わない部屋になるのに
細々の部屋不要!暗い部屋不要!ベランダ
横に風呂でいいし、洗濯物をインナーバルコニーに干したいし、回遊できる間取りとか
考えてほしいですね。マンションは、
区切る間取りはもういらない!!

Posted by にこままです。 at 2014年12月24日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。