【1】これから販売予定の人気マンション
【2】タワーマンション&大規模マンションを探す!
【3】東海のハイグレード新築マンション
【4】関西の新築マンションをさがす

2007年09月23日

マンションの管理形態について

マンション購入を検討する際、見落としてはいけないのが、マンションの管理形態です。

マンションの管理形態には、「巡回管理」、「通勤管理」、「常駐管理」の3つがあります。

「巡回管理」とは、一人の管理員が複数のマンションを定期的に巡回するものです。週に2〜3回、決められた曜日の午前中、または午後などに数時間だけ窓口を開けるというものが一般的です。なので、マンションの住民でさえも、その管理員の顔を見たことがない、というケースもざらです。

「通勤管理」とは、管理会社の社員もしくは契約管理員が、マンションに通って来て、通常は平日の日中のみ勤務する形態です。通勤日数が週に3〜4日に減るケースもあります。夜間は、管理事務所は無人になります。設備故障など何らかのトラブルがあった時は、管理会社に連絡し対応してもらうしかありません。

「常駐管理」は、もっとも手厚い管理を期待できます。超高層や大規模団地では集中管理センターがあり、夜間も宿直がいて24時間体制で対応しているケースもあります。それ以下の規模で、いわゆる管理員「住み込み」の場合、勤務時間は朝8時から夜6時までといった形で決まってはいますが、水漏れや設備の故障など、緊急時には時間外でも対応してくれるのが普通です。ただし、管理員自身で復旧するのではなく、専門業者に通報して来てもらう形になります。

さて、あなたが購入を希望しているマンションの管理形態は、どれでしょうか。物件概要に載っていますし、モデルルーム担当者に聞くこともできますので、しっかり抑えておきましょう。

にしても、どんなに規模が小さなマンションであっても「巡回管理」の物件だけは、避けたほうが無難ですよ。



----------------------------------------------------------------------------
※購入を考えている物件の間取りの良し悪しに悩んでいる方は、評価をしてほしい間取りが載っているURLをお知らせください。その際、現在の検討状況やご家族の人数をお知らせいただければ、よりふさわしいアドバイスができるかと思います。投稿は、記事下欄にある | Comment(*) | からお願いします。
なお、条件として、下記サイトのいずれかの中から気になる物件を1つ以上お選びいただき、実際に資料請求していただいた方のみ、限定とさせていただきます。

新築マンションの資料請求はマンション戸建てガイド

人気の新築マンションは早い者勝ち★住宅情報ナビ

住友不動産の総合情報サイト

ダイワハウス 分譲マンション資料請求

----------------------------------------------------------------------------

目アンケートに答えて3,000円!
2006年以降に首都圏で住宅購入された方アンケート回答で3,000円
2006年以降に関西で住宅購入された方アンケート回答で3,000円

目住宅ローンは全期間固定がお勧め!
35年全期間固定金利!2.710%!
繰上返済手数料無料のSBIモーゲージ!


姉妹サイトもよろしくね。
新築マンション・いい間取り リスト








posted by まどり at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション選びまめ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。